畑 (農体験)

畑の作り方をレビュー!!家庭菜園を充実させるための方法ーまずは準備ー

家庭菜園に励みたい方…
畑を始めたい方へ…


家庭菜園5年、
市民農園の畑歴5年目の
経験を記したいと思います。


初心者さんと同じ、
初めて目線の体験が
いっぱい詰まってます^ ^



今回は農園シリーズとして、
畑を始めたい時、
何から初めていけば良いか…
何気に準備するものも必要です。


読んでくださるあなたに、
ほんのちょっとだけ、
お役に立てますように…



 


スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4436762385806581"
data-ad-slot="7059364156">


 




準備しよう!まずは服装から!



まずは身なりから整えて
みましょうか(*´꒳`*)
何事も格好が大切ですよね笑笑。


畑仕事は、鍬を使います。
スコップも使います。
時には肌に当たって、
傷ついてしまうことや、
肥料や作物が触れて、
肌が荒れてしまうこともあります。


それに、長時間太陽の光を
浴びながらの作業にもなることも
あります。


ついつい夢中になっちゃうんですよね。
畑仕事って。集中してたら、
ついついケアを忘れちゃうんです。

ぜひぜひ
長袖長ズボン
が好ましいかと思いますよ(o^^o)

長袖長ズボン♫
じゃあどんなものでも
長袖長ズボンなら良いのかな?




洋服のお色目にも注目




はい。ズバリどんなものでも
良いわけではないみたいですね…


虫の好きな色については
こちらの記事をご参考に
覗いてみて下さいね!


お洋服のお色によって、
虫を予防することができること
が記されています(´∀`*)
とっても有効的なお色目を
是非お洋服に取り入れて下さいね。


実際に名前も分からない虫や
ブユに刺された経験をもとに
虫の好きなお色を記しました。

なので、きっとお役にてますよ!




長袖長ズボンの他には?



実際にしおるも作物で肌が
荒れてしまったり、また夢中で
作業をし続けて、こんがり日焼け
してしまうことがありました。


ぜひぜひ
避けられるものは避けたいですよね!


帽子やサンバイザー、
首の後ろからの日焼けを防ぎ、
汗を拭き取るためにも、
首にタオルを掛けておくのも
とっても有効的で便利です^ ^



トゲや鋭い枝、害虫の除去などにも
直接触れることのないよう役に立つかと
思いますので、手には軍手をはめて、
土や肥料、作物を触っていきましょう!



足元は、靴下に長靴がマストアイテム
になります。土を耕すのに夢中になっても
ちょっとぬかるんだ状態に入っても、
長靴が守ってくれますよ!



軍手の足用で軍足というものもあります。
足に力が入れやすく、
滑りにくい仕様になっているようなので、
もし必要ならばお試し下さいね!

 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4436762385806581"
data-ad-slot="8536097358">


 



持ち物のマストアイテム




畑作業は集中すると長時間になることも
珍しくありません。

是非水筒やペットボトル、
水分補給の手段もお考え下さい♪( ´▽`)


これは本当に必需品です。
小まめに取ること本当に大切だと思います。
しおるも、つい夢中になり、
水分補給をおろそかにしたことが
ありました。


そうすると、しゃがんでの作業が
続いた際に立ちくらみがしたり、
あとになって頭痛に繋がったりしました。
ぜひ水分補給大切になさって下さいね!



便利な道具リスト



長袖長ズボン
帽子サンバイザー
首のタオル
軍手
靴下
長靴
水筒、ペットボトル



スコップ
シャベル
備中鍬
マルチシート
マルチシート留め具
マルチシート穴あけ具
支柱
折りたたみ椅子
ジョウロ
お水のタンク
お水のペットボトル

以上が基本的な畑作業に必要な
服装と道具になります^ ^



スコップシャベル情報


道具をご紹介していきます。
まずはスコップ、シャベル。


土をいじるためにも使いますが、
肥料などを掬う際にも役立ちます。


お一人で作業なさる際も二本以上、
大勢で作業されるなら人数分ほど、
あっても良いかもしれませんね^ ^


持ち手が握りやすく、
しっかりしているものを
選ばれると長持ちします。


しおるはお得な100キンのスコップを
使っていましたが、
土を掘る際、芋掘りで力が入り、
持ち手の部分が曲がってしまいました。

持ち手が取れることも…



一度で使用できなくなる!
ということもありますので、
良いものを長く使えるものを選ばれると
良いかと思います。

オススメは、一度スコップを
握ってみて確かめるのが
オススメです(´∀`*)


鍬情報


次に鍬。
耕地・開墾から植え付け、
収穫、後始末、終始鍬は
欠かすことのできない
必須アイテムです(´∀`*)

唐鍬、備中鍬、平鍬など、
色々と種類があります。


用途に合わせてお使い頂くことに
なりますが、まず使いやすいのは
備中鍬だと思います。


一般的な形として、
平鍬が挙げられますが、
耕す際にとても力が要ります。

また、土をフカフカに柔らかく
仕上げるにも、先端が分かれて
いた方が効果的であると、
何年か体験して感じました。


是非オススメは
選ばれるなら、備中鍬
がオススメです。


マルチシート情報


それから、マルチシート。

透明タイプや黒のタイプが
ありますが、
土が流れてしまうのを防ぎ、
土が乾くのを防ぎ、
雑草の生育を抑制し、
育てたい苗を保護するために
役立ちます!


また寒暖差が激しい場合は、
土の温度も保つとこが出来ます^ ^

是非、マルチシートも使って
いきたいです。


選択のポイントは、畝の幅と、
穴が予め空いたタイプもあるので、
その選択が大切です。

通常の苗に穴あきはほとんど不要ですが、
玉ねぎなど細かい穴あけ作業の際には
是非穴あきマルチシートが作業効率が
上がるかと思います。



マルチシートを使っていくに従って、
マルチシートを押さえる留め具、
それからマルチシートに植えたい部分に
穴を開けていく器具などもあります。

そちらも合わせてそろえることを
オススメします^ ^


支柱情報


支柱は、苗の植え付けからすぐに
添え木的に使用していくことに
なります。


苗の種類にもよりますが、
1つの苗に対して1つは確実に
使用していきます。


また、支柱が倒れないように
支えになる支柱も必要ですので、
多めに用意していきましょう。



あると便利なあれ



しゃがんだ姿勢で作業することが
多いので、100キンなんかにも
売っている折りたたみの椅子なども
とっても役立ちます。


お水をあげる際のジョウロは
ありますか?
また、水道が近くにある畑なら
必要ありませんが、
もし給水所が近くに無い場合は、
お水のタンクやペットボトルで、
お水を蓄えて畑に向かいましょう。



まとめ




青々と生い茂る作物たちから、
大地の恵み、命のありがたさ、
是非感謝して経験していきましょう!

道具を揃えたら、これで安心❤︎
気持ちよく作業効率が上がります(*´꒳`*)



農園シリーズはまだまだブログで
記していきたいと思います。
お楽しみに(o^^o)


今日も、明日も、
元気に楽しく過ごせますように…



 

スポンサードリンク

style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-4436762385806581"
data-ad-slot="2489563753">


 






検索



-畑 (農体験)