FEILD

畑を作るコツは土をお料理するような感覚で作っていきましょう!-元肥を施すコツ-

美味しい野菜を育てたい!
実りある畑にしたい(*´∀`)♪

そのためには良い土を作ることが
大きなポイントになります。

家庭菜園に励みたい方、
畑を始めたい方へ…

家庭菜園5年
市民農園の畑歴5年目の
経験を記したいと思います。

初心者さんと同じ
初めて目線の体験が
いっぱい詰まってます^ ^

畑を始めたい時、何から初めて
いけば良いか…1年を通して
充実した農園体験を経験して
いきたいですよね♪( ´▽`)

今回は美味しい
畑の土作りはじめましょ(*´∀`)♪です。

読んでくださるあなたに
ほんのちょっとだけ、
お役に立てますように…

 

スポンサードリンク



 

土を人間の身体と例えてみると

土に調味料(肥料)を混ぜて、
更に美味しい土作りをして
いきましょう。

なぜ肥料がいるの?

それは人間の身体には、
水分と栄養分が必要です。

畑の土もそれと同じように
管理していくことでイキイキします。

お水だけでも生きてはいけますが…
栄養分が足りなくなると、
細々と元気が無くなり、
実を沢山元気に生らしてはくれません。

きちんと準備して、
お料理する!

これは、作物も同じです。
新鮮で美味しく、イキイキとした作物
を育てるために土の状態も是非是非
美味しく整えてあげましょう!

それが、
ゆくゆくはわたしたちが
実った作物を頂くことで
わたしたちの元気に繋がります(o^^o)

畑作りは土作りからです!

土作りもお料理感覚で、
進めていきましょうね!

石灰散布はお済みですか?

畑を耕していくには、
必ず石灰でダシのベースを整えて、
調味料で味付けをし、美味しい
土を作っていく必要があります。

もし石灰散布がまだなら、
➡︎こちらの記事をご参考に…

野菜が育つ養分は、
その養分の大半は土の中に
含まれていますが、
それだけでは不足してしまいます。

元肥という言葉は
ご存知ですか?

元肥とは、
作物を植え付けする前に、
その足りなくなる肥料を入れて
土を調整して、栄養を蓄えて
あげることです。

それが元になって、作物は成長して
くれます。しっかり元肥を施しよりよい
土作りをはじめましょうね!

ポイントは養分

チッソ(N)、リン酸(P)、カリ(K)
カルシウム(Ca)、マグネシウム(Mg)
が野菜が多量に必要とする養分のため、
自然の土の中にある量では不足するので
元肥料として施していきましょう!

何難しい元素記号は( ˊ̱˂˃ˋ̱ )さっぱり
分かんない…

安心してください❤︎
ちゃんと使用する肥料の
パッケージに記載がありますので、
そちらを目安にしましょうね!

詳しく記していきます!

元肥となる養分と肥料の種類

さらっと役割を知っておくことで、
難しい!嫌だ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )と、いうことには
なりませんので、大体の役割を知って
おきましょうね!

窒素の役割

「葉肥(はごえ)」とも
呼ばれるように、茎葉の生育を促し、
柔らかい多汁質の葉ができます。

リン酸の役割

「根肥(ねごえ)」「実肥(みごえ)」
といわれ、根の発育を促し、果菜類では
花つき、実つきをよくします。

カリの役割

日照不足気味のときに、
カリを多く施すと、光合成をする
機能を回復させる働きがあります。

サツマイモやジャガイモの太りを
よくしたり、マメ類の実つきを
よくするので「実肥」とも呼ばれます。

カルシウムの役割

土のpH調整用に施されるほか、
石灰植物とも呼ばれるキャベツ、
ホウレンソウなどは養分として
多量に吸収します。

マグネシウムの役割

植物の細胞内に含まれる葉緑粒の形成に
必要な要素で、不足すると葉が黄変し
生産能力が低下します。

ざっと養分の働きについて
記してみました。

今後、育てて行く上で、
あれ?この子、何か元気ないなぁ…
何か足りないのかなぁ?なんて
思った時に、その養分をプラスすると
補えることになりますので、
ちょっと覚えておくと役立ちますよ❤︎

 

スポンサードリンク



 

肥料は大きく分けて2種類

使用するにあたり、肥料には
科学的に調合された化成肥料と、
優しい効果の有機肥料があります。

化学肥料

1種類の成分しか含まない単肥と、
2~3要素を含む複合肥料があります。
各成分の含有量は一定ではありませんが、
あらかじめ養分を同量含まれるものが、
とっても便利です。

888などと書かれていますよ^ ^

有機質肥料

動物や植物の一部が素材となり、
ほとんどがN・P・Kの3要素を
含みますが、含有量は化学肥料
ほど多くはありません。

有機肥料は効果が長いので、
トマトやナスなど
収穫期間の長い野菜に有効です!

化成肥料と有機肥料と
使う肥料を使い分けても
良いかと思いますよ(о´∀`о)

元肥を施すタイミングは?

元肥にするときは、
タネまきや
植え付けの一週間くらい前には
施すようにしましょう!

しっかり土の中に養分が入り、
元気な土に回復することでしょう(o^^o)

元肥を施す注意点

使用する肥料を参考に、
是非是非注意するポイントがあります。

それは施す量です!
特に化成肥料を、散布しすぎると、
ボケる!と、いう言葉が正しいのか…

養分があり余りすぎて奇形の作物が
成長することがあるんです。

例えば、葉ばかりが茂り、
実がならなくなってしまったり、
ここに葉や枝が生えるハズが無いのに、
生えてしまうこともあるんです。

是非、程々に…
調味料が多すぎると、人間も
ツライのといっしょですね❤︎
分量を守って土を作って下さいね❤︎

まとめ

子どもたちといっしょに
童心にかえった気持ちで、
また音楽を聴いたり、歌ったり、
踊ったりしながらの菜園の作業も、
とても楽しいですよ♪( ´▽`)

時々大喧嘩もしますが…(´-`).。oO
一つ一つの体験を共有することで、
いっしょに学べる楽しい経験になること
でしょう!

是非楽しんで下さいね!

今日も、明日も、
元気に楽しく過ごせますように…

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください