HEALTH

マイコプラズマの症状を知り子どもを守ろう‼︎予防対策チェック

マイコプラズマ肺炎が
急激に流行してるんです!

えっ!マイコプラズマ肺炎って
なに?肺炎なの?

あなたの周りでもお話聞いたり
しませんか?

読んでくださるあなたに、
マイコプラズマ肺炎について
ちょっとお役に立てますように…

 

スポンサードリンク



 

マイコプラズマって子どもでしょ?

はい!
感染する8割が17歳以下だそうです。

しかし、近年大人にも急速に広がっている
のが現状です。

大人も要注意ってことですっ∑(゚Д゚)

今年は特に過去最大の感染者なんです。
なんと
去年の2倍!

なので、決して子どもの病気なんだって
思わないで、予防対策を行って
いきましょうね!

マイコプラズマ肺炎の症状は?

たんの無いような空咳が
マイコプラズマ肺炎の咳の特徴のようです。

空咳なのに、咳が止まらなくなります。
咳き込みすぎて、肋間神経肺の近くが
猛烈に痛みを伴うんです。
それは肋骨が折れるような感覚ほど∑(゚Д゚)

子どもが感染した場合は、
とても苦しがることと思います。

咳が伴うと、
発熱。
頭痛。
が出てきますね。

そして、耳もやられちゃいます。
中耳炎。外耳炎。内耳炎。

実は、しおるもかかったことがあるんです。
マイコプラズマ肺炎でした。
咳が止まらなくて、止まらなくて。

止まらない咳に耐え続けた先には、
猛烈な耳の痛み(=゚ω゚)ノ痛くて、痛くて、
転げ回るほどでした。

そしてホントに中耳炎、外耳炎、内耳炎に
なっちゃって、突発性難聴になりました!

悪化し、合併症になれば、それこそ
肺炎。脳炎。肝炎にも繋がることも
あります。

そして、先日しおるの妊婦さんの知人が
マイコプラズマ肺炎に感染した際。

発熱や咳き込みの症状が出なかったのに、
身体中の蕁麻疹に襲われました( ゚д゚)

すぐさま入院の処置が取られてましたよ!

マイコプラズマ肺炎には、そんな症状も
あるんですね!おかしいなぁと思ったら、
是非感染チェックに病院の受診を
お勧めします。

避けられるなら、避けたい危険な
マイコプラズマ肺炎という
感染症であることを身をもって
体感しました。どうしてこの病気が
流行しちゃうんでしょう。

ちょっと詳しく知っていきましょうね。

 

スポンサードリンク



 

なぜマイコプラズマ肺炎が広がるの?

マイコプラズマは
細菌の中でも1番小さいと言われてます。
ホントに極めて小さい細菌です。

人により比較的軽度の症状の方は、
本人は肺炎になった意識がないまま
普通に過ごしています。

そう、感染者は自覚症状がないまま、
過ごしてしまいます。

すると飛沫感染しちゃうんですね。
ウォーキングニューモニア。

歩いているうちに、どんどん
人にばらまいちゃいます。

その感染能力は、なんと
6週間ほど能力があるんだそうです。

自覚症状がない分感染が広がる!
そのマイコプラズマ肺炎の全貌が
明らかになってきましたね!

そう、しおるもひどい咳がまさか
マイコプラズマ肺炎だなんて夢にも思わず、
またどこから感染したかも自覚ないです。

病院で、専用のマイコプラズマ抗菌キット
でチェックしない限りは、
マイコプラズマ肺炎になったなんて
絶対分からないですよねー(*´-`)

予防接種ってあるの?

四年に一度くらいの流行の波があるので、
オリンピック病と言われている
マイコプラズマ肺炎なのですが…

残念ながらマイコプラズマ肺炎には、
ワクチンがないそうです。

それじゃどうやって予防対策を
とればいいんでしょうね…( ゚д゚)

マイコプラズマ肺炎の予防対策は?

ズバリ!

予防対策は一般的なマスク、
手洗い、うがい。

規則正しい生活をし、
免疫力を高めること。

当たり前のことじゃん⁉️って思いますが、
これに尽きるんですよね〜〜(o^^o)

寒くて、動きたくなくて、
リビングでついついうたた寝なんて
しちゃいませんか?

マイコプラズマなめるなよ!!

しっかりと睡眠取らなきゃ、
どんどんくっついて感染しちゃいますよ!

まとめ

これからの季節、風邪といえど
インフルエンザに、マイコプラズマに
って何かしら風邪っぽい症状に
関わりやすいですよね。

しおるも子どもが3人居るので、
誰かかんか鼻水垂らしてます(*´-`)

帰宅後は必ず、
『ほらほら、早く手洗いうがいー』と、
声かけ。

声かけだけだと、かなりいい加減なので、
遊び感覚で一緒にうがいして楽しみます。

手を洗ったの?って何度も聞くと、
洗ってないこともあります。

一緒に手の洗う順番を確認したりも
してみます。

ほんのちょっとの努力で、
あの咳き込みの苦しみや、
あの耳の痛みから
逃れられるのなら…

是非子どもたちには苦しい苦しい
マイコプラズマ肺炎から
回避してあげたいと強く思います。

是非あなたも、手洗いうがいなんて
当たり前でしょー!?と、言えども、
念入りにケアしていきましょう。

ぜひ今日も明日も元気に楽しく
過ごせますように…

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください