BOOK,  HEALTH

入院中介護中のお世話する人される人へ漫画「看護助手のナナちゃん」レビュー

おじいちゃんとおばあちゃんっ子だったしおる。

良く一緒にドライブに出かけたり、温泉に出かけたり、散歩しながら買い物に出かけたり、ただお部屋の中で話をしているだけでも楽しかったな…(о´∀`о)んふふ。

真面目で、まっすぐで、ちょっぴりおとぼけるところもあったなぁ。優しくて、人生を懸命に歩んできた2人の姿はとっても愛しくて、そしてただ尊敬ばかりでした。

IMG_6911

そんな愛しいおじいちゃん、おばあちゃんは近頃病院でお世話になることが多く、看護師さんや介護士さんのフォローで救われることがたくさんあるんです。

病院の方々の、
ほんのすこしの気遣いや、
ほんの一言の言葉の中から、
ホントに支えて貰えるんですよね。

そんなしおるの心情や、病院事情が、
逆の立場から理解できるほっこりする漫画
見つけちゃったんですが、気になりません?

るるるくん
意味わかんないよ!逆の立場?

そうね。
お世話してくださる側の方の気持ち。

まっ!
ちょっぴりのぞいてみてくださいな♡

きっとお分り頂けるハズですから…

読んでくださるあなたに、
ほんのちょっとだけ
お役に立てますように…

スポンサードリンク

ビッグコミックオリジナルは超魅力

はい。しおるがオススメしたいのは、こちらの漫画雑誌の中の漫画なんです。

この漫画雑誌に載ってます⬇︎

IMG_6928

るるちゃん
あれ?ママ。前にこの漫画雑誌のこと記事にしてなかった?

しおる
ピンポン‼️当たり。

しましたしました(о´∀`о)
母乳育児についての漫画紹介をさせて頂きました。ホントに役立つ漫画でしたね。
➡︎母乳育児の記事に飛びます)

今回しおるがご紹介したいのは、こちらの漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル』に現在も掲載されている四コマ漫画的存在の短編漫画『看護助手のナナちゃん』です。凄く読みやすい漫画なんです。

『看護助手のナナちゃん』は、現在も月2回発売されている漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル』に連載中です。現在は単行本も発売されてます!

あれ?
『ビッグコミックオリジナル』に掲載されてる漫画って聞いたことあるタイトルの漫画ばーっかりじゃん‼️

しおる
映画になってる有名な作品がいくつもありますね‼️

【ビッグコミックオリジナル】
大人気の作品たち
…三丁目の夕陽
…深夜食堂
…釣りバカ日誌
…黄昏流星群
…あんどうなつ

早速ご紹介したい『看護助手のナナちゃん』の漫画の内容についてお話しさせて頂きますね♡

主人公は看護助手

はい♡この子です!
看護助手の『ナナちゃん』♡

IMG_7589

みんな
ママ。この子てるてる坊主ちゃんみたいやね

ホントに最初しおるもてるてる坊主ちゃんなのかと思いました。決して悪口ではないんですよ。なんだこれは?って思ったんです。

だって、しおるの子で絵が苦手なるーくんの方がまだ人間らしい人間を書く気がして(*´-`)。

る-くん
おいおい!苦手って。るーくんは上手に書いてるんだ笑。

漫画雑誌に載ってる漫画って、もっともっと絵がめちゃめちゃお上手で技術が優れてらっしゃる方が描かれてる感じがしませんか?だから衝撃的だったんです。

けれども、そんなちょっとやそっとじゃ誰も真似できない世界観

まさに胸に響く作品‼️

それが
『看護助手のナナちゃん』なんです♡

IMG_7575

【ナナちゃんのご紹介】
主人公のナナちゃんは看護助手です。
ナナちゃんは病院で働いています。
ナナちゃんは日々、病院でいろんな患者さんと出会い、別れます。

ナナちゃんの日常は、喜びや悲しみなどの愛情溢れていて、読んでるわたしの心を温かく癒やしてくれる。

この短編漫画の中には、1つ1つに日々日常的に病院の中で起こる介護事情、看護事情が表現されています。

そして、お世話する方の受け止め方。思い。看護助手としての働き方など、普段知ることのできない逆の立場からの視点で病院を見つめることが出来て、読んでいるといつも心の中を温かくしてくれるんです。

IMG_7590

どんな患者さんにも凄く近い距離で物事を感じてくれて、一緒に困ったり、一緒に悩んだり、一緒に喜んだり…大泣きしちゃったりしてるんです。

しおる
患者さんに対するこの優しい声かけ。それにこの患者さんとの目線合わせ。この心遣いすっごくあったかいですよね!

あぁ、人間らしいなぁ。
人ってあったかいなぁ…

しおる
みんな病院の中で働く方はこんな風に思って勤めてくれてるのかなぁ…

そんなことを思うと、病院で働く方はまるで神様だなぁって感じます。

こんな風にしおるのおじいちゃんやおばあちゃんのことも受け止めてくれていたら…
おじいちゃんおばあちゃんのことをわたしたちと同じ目線で見ててくれてるなら…

ホントに嬉しいなぁってそう思いますね。

看護助手として働く『ナナちゃん』が日常の勤務中に巻き起こる病院ストーリーなんです♡

スポンサードリンク

看護助手は実体験

『どうしてこんな風に病院で巻き起こる看護事情が良くお分かりなんだろう…』

『看護助手のナナちゃん』を読んでいて、ホントにおじいちゃんおばあちゃんに起こりうる日常とそっくりなんですよね。

しおる
どうしてこんなこと知ってるの?しおるはとっても不思議でした。

すると『看護助手』が作者の野村知紗さんの実体験だったということが分かったんです。

結婚なさるまでの3年間、野村知紗さんは看護助手をなさっていたそうです。しかも助手になったのは、大好きな祖母の死がきっかけだったとか。

祖母のお見舞いに通っているうちに仲良くしてくれた看護師さんが『看護師になりんちゃい』と何度も言ってくださったということで道が拓けたみたいなんですね(*´-`)

分かる‼️
分かります‼️

しおるもおじいちゃんおばあちゃんの病院の看護師さんをはじめ、3人の子を出産する際に散々お世話になった看護師さんや助産師さんとの出会いで、ホントに看護師さんに憧れてました。

『神様』や『天使』まさにその言葉と繋がる素晴らしいお仕事なんですよね(*´-`)

『あぁ、生まれ変わったらしおるは絶対絶対看護師さんになるんだ!』とか、
『あぁ、るるちゃん看護師さんになってくれないかなぁ…』とか。

つい、そういう願望を持ったんですよね。

るるちゃん
るるちゃんも看護師さんステキって思ってます♡

それでちゃんっと夢を実現させた野村知紗さん

初めての舞台に飛び込んだ野村知紗さんの看護助手の経験。努力。思いがこの『看護助手のナナちゃん』にうんっと詰まってるんですね!

その想いがうんっと伝わってきます♡
うーん。ホントに愛しいんです。

方言がより温もりを感じる漫画

この主人公のナナちゃんはいつも『方言』なんですよね!

しおるの住んでる金沢も思いっきり『金沢弁』があるので、なんだかナナちゃんの『方言』が愛しいんです。

【ナナちゃん方言リスト】
『〇〇しよるんか。』
『〇〇じゃろ?』
『〇〇じゃけ。』
『〇〇けぇの。』

さきほどの野村知紗さんが祖母の看護師さんからかけられた言葉である『看護師になりんちゃい』もきっと方言ですよね!

これはどこの言葉なのかなぁ?

作者の野村知紗さんのあとがきをじっくり読ませて頂くと『高知新聞』の黒潮大賞にこの漫画作品を送ったのがデビューのきっかけと書かれてました。

と、なるともしかしたら高知弁なのかなぁ?

まだどこの言葉なのかは分からないんですけど、その方言も愛しさを感じる1つなんですよね(о´∀`о)そういう言葉を使うんだっていうのが楽しくて読ませて頂き和んでいるポイントの1つです。

是非あなたも和んでみてはいかがでしょうか?

まとめ

さぁ、さぁ(о´∀`о)
早く早く手に取ってのぞいて見てくださいな。

『看護助手のナナちゃん』
野村知紗さん作。

かわいくて
やさしくて
思わずホロっとくる
ホントの病院物語
(漫画帯より引用)

なんです。

(⬇︎単行本のページに飛びます。)

読んでいると優しい気持ちになって、優しさをまた子どもたちや家族、周りの人たちにも伝えたくなる漫画。

病院に働く全ての方に感謝したくなる漫画。

是非この記事を読んでくださるあなたにも伝えたくなる作品なんです!

『看護助手のナナちゃん』から、是非あなたにも今日も明日も元気に楽しく優しく過ごせますように…

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください